杉本貞光 私の選んだ逸品作 
 
 
 
紫志野茶碗 
 税込価格 880,000円 (二重箱・風呂敷)
 
 
利休以後、国焼きの茶碗が盛んに作られるようになりました。
 
中でも古田織部は、美濃、伊賀、唐津などで指導を行い 
 
数々の名器が生まれています。
 
 志野は織部の領地・美濃で焼かれ
 
 数々の名碗が残されています。
 
紫志野は桃山時代には見られませんが 
 
 加藤唐九郎さんが創作し「紫匂い」と名付けて発表しています。
 
 それには及びませんが、
 
 私なりの紫志野茶碗が出来たと思います。
 
 志野茶碗は高台際の釉と土の境目にできるコゲが
 
一つの見どころですが、故意のテクニックを使わず
 
自然の焼成の中で生まれるように努力致しました。 
 


PCの場合ダブルクリックすると画面が大きくなります。
戻る場合は再度ダブルクリックしてください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

やきものは、画像や映像だけでは十分判りません。

ご購入を検討される方は、作品を持参致しますので、

お手に取って頂いて、そのうえでご判断下さい。

勿論、交通費等の費用は一切頂きません。

岡崎市竜美西2丁目9-11 
TEL 0564-54-2371
FAX0564-53-3071
E-MAIL mail-answer@japanartweb.com

寺外垣窯企画展示室(ギャラリーREX) 
馬場功一朗