杉本貞光 私の選んだ逸品作 
 
 
 
斗々屋茶碗 
 税込価格 825,000円 (二重箱・風呂敷)
 
 
利休が好んだと伝えられる斗々屋茶碗
 
朝鮮半島から渡ってきた高麗茶碗の一つで
 
堺の屋敷に出入りする魚屋(ととや)が所持していたことから
 
 名付けられたと言われています。 
 
 形は違っても技法的には蕎麦茶碗と同じです。
 
この作品は釉薬の熔け具合が程良く 
 
 胴と見込みに御本のような紅色が出ています。
 
 
 

PCの場合ダブルクリックすると画面が大きくなります。
戻る場合は再度ダブルクリックしてください。
 
 
 
 
 
 
 
 

やきものは、画像や映像だけでは十分判りません。

ご購入を検討される方は、作品を持参致しますので、

お手に取って頂いて、そのうえでご判断下さい。

勿論、交通費等の費用は一切頂きません。

岡崎市竜美西2丁目9-11 
TEL 0564-54-2371
FAX0564-53-3071
E-MAIL mail-answer@japanartweb.com

寺外垣窯企画展示室(ギャラリーREX) 
馬場功一朗