19世紀 李朝分院染付祭文台鉢
 
径17.1㎝×高7.1㎝  
箱なし (54-54)

李朝の祭器は、当初は
粉青沙器が主流でしたが
その後は白磁に替り
形も簡略化され
中期以降は染付で「祭」と
入れたものが多くなります。
分院は李朝最後の官窯で
李朝官窯の集大成に位置付けられます。

古美術研究家・島津法樹氏 鑑定書付
 お問い合わせは
メールアドレス mail@japanartweb.com
TEL 0564-54-2371
 
  

PCの場合ダブルクリックすると画面が大きくなります。
戻る場合は再度ダブルクリックしてください。