15世紀 安南絞手茶碗
 径11.5㎝×高8.0㎝  
箱なし (54-97)

安南の染付は釉が滲み易いのですが
日本の茶人は寧ろそれを喜び
染め物の絞りに見立てて
「絞手」と呼んで愛玩しました。
この作品は高台が高く
宮廷の什器として作られたものでしょう。
発掘されたものですが
日本の著名なコレクターが使用した物で
茶渋で育っています。

古美術研究家・島津法樹氏 鑑定書付
お問い合わせは
メールアドレス mail@japanartweb.com
TEL 0564-54-2371
 

 
PCの場合ダブルクリックすると画面が大きくなります。
戻る場合は再度ダブルクリックしてください。