15世紀 李朝初期広州官窯白磁鉢 
 径17.5p×高10.0p  
桐箱 (56-18)

李朝の時代になると
国を挙げて白磁の生産に乗り出しました。
その初期の官窯・広州窯の
美しい白磁作品。
官窯らしい端正な姿が目を惹きます。
見込みに降り物があります。
主菓子器に使うといいかも知れません。

古美術研究家・島津法樹氏 鑑定書付
お問い合わせは
メールアドレス mail@japanartweb.com
TEL 0564-54-2371
 


 

PCの場合ダブルクリックすると画面が大きくなります。
戻る場合は再度ダブルクリックしてください。