18世紀 古九谷南京手色絵花鳥文皿5客 
 桐箱 (56-28)

古九谷は加賀で制作される前に
伊万里で焼かれていたことが
判明しています。
当時人気のあった南京赤絵を
モデルに作られた作品で
南京手と呼ばれています。
高台中に書かれた「大明成化年製」は
当時中国でも伊万里でもよく使われた
一種のブランドです。

古美術研究家・島津法樹氏 鑑定書付
お問い合わせは
メールアドレス mail@japanartweb.com
TEL 0564-54-2371
 
 


 

PCの場合ダブルクリックすると画面が大きくなります。
戻る場合は再度ダブルクリックしてください。